他の補綴治療とインプラントの比較

虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまったとき、亡くなった歯を人工物で補うことを補綴治療と言います。
代表的なものにブリッジ、入れ歯、インプラントがあり、特徴、使える口腔内の状態、見た目、費用などそれぞれに違いがあります。ブリッジとは、なくなった歯の両側の歯を支えとして、人工の歯を橋のようにかけるものをいいます。

両側の歯を削って金属などで土台を製作し、ブリッジを装着します。

ブリッジを装着する場合は、なくなった歯の両側の歯、つまりブリッジを支える歯の根がしっかりしていることが絶対の条件になります。

横浜のインプラントを調べるならこのサイトです。

入れ歯は粘膜で支える義歯のことを言います。

歯が全てなくなったときに使う総入れ歯と、部分的になくなった場合に使う部分入れ歯があります。


清潔な状態に保つのが容易で、どんな状況でも使える治療法です。



インプラントとは骨の中にチタンなどの金属でできた人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療方法です。
周囲の健康な歯を削る必要もなく、見た目も綺麗です。
ブリッジとインプラントは、歯がなくなる前と同じように噛むことができるのが大きなメリットですが、入れ歯はどうしても噛む能力が低下します。また、装着が煩わしい、異物感があると抵抗を示す人もいます。


健康な歯を削らなくてはならない点は、ブリッジのデメリットの1つです。

入れ歯もバネが他の歯に影響することがありますが、その点インプラントなら他の歯に影響しません。インプラントのネックは費用で、自由診療に当たるためコストがかかります。
ブリッジと入れ歯は保険が適用されているため、非常に安く治療できます。

All Aboutに有効なサイトの紹介です。